NEWS

お知らせ

日本経営診断学会 第208回関西部会にて当社代表が研究報告を行います。

2024.02.27

当社代表 小林が、「日本経営診断学会 第208回関西部会」にて研究報告を行います。

テーマ:「京都老舗企業における生存要因 -レジリエンスと老舗論の視点から-」

新型コロナウイルス感染症の影響で経営難に陥る企業が存在する中で、事業継続に長けた老舗企業やレジリエンス(resilience)への注目が高まっています。
本研究報告では、小林が実施した半構造化インタビューを元に、京都老舗企業ならではの生存要因を明らかにします。

http://www.shindangakkai.jp/info.html#kansai240316

※当会は日本経営診断学会 会員の方を対象としております。会員以外の方は参加いただけませんので、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two + fifteen =

TO TOP